私たちの想い

私達、テン・エンタープライズが目指す理想の未来とは?

この国に住む全ての人たちが、将来に大いなる夢と希望を持ち、健康で豊かな人生を満喫している。そんな社会を創造する事です。

私は元来金融業を生業としており、健康関連のビジネスに携わるなど考えた事もありませんでした。

しかし、健康である事の大切さについては、過去に肺結核を患い生死を彷徨った経験もあり、その大切さについては誰よりも痛感しておりました。

とある恩師の言葉『健康が全てではない、しかし健康を失えば全てを失う!』は常に自分に言い聞かせた言葉でありました。

そんな私がとある学会の設立式で大麻という植物の特性を知り、隠されたその歴史と大麻が持つ奇跡のパワーを目の当たりにし、古の昔から大麻を生活の一部としてきた日本人には是非その存在を知ってもらいたいとこの会社を立ち上げました。

健康をテーマにビジネスをするからには、健康を害した状態『そもそも病気とはなんぞや?』を考える必要がありました。

この答えのヒントになったのが19世紀のフランスの生理学者ルネ・カントンの言葉にありました。

『ヒトの体内環境が何らかの外的要因により汚染されれば健康を害す』

私達の体内を汚すものとは?

調べて行く内に驚くべき日本の悲しい現状が見えてきました。

農薬の使用及び基準値世界一  食品添加物許可数世界一
遺伝子組み換え食物消費量世界一 カドミウム使用料世界一

これらが生み出した結果が、奇形児の出生率世界一、老後の寝たきり期間世界一というまさに悲しい現実でした。

現在の日本の食文化は化学物質のオンパレードで、自然なものなど皆無と言っても良いでしょう。

これでは健康な人生など夢のまた夢。いつ病気になっても不思議ではありません。

農薬、化学物質に頼らざるを得ない農業界、コストを抑え長持ちさせるため添加物や保存料を大量に使う食品業界、薬漬けが当たり前になってしまった医療業界など、未来を見ず今だけ良ければ、自分さえ良ければの考え方がこの悲しい現実を作っています。

今のまま進んだら、10年後、20年後の日本人はどうなってしまうのか?子供たちに100年後の明るい未来を残してあげられるのか?

私達、テン・エンタープライズはこれらの問題を解決する一つの光明を発見しました。

答えは海にありました。
私達は海から生まれ、やがて海に帰ります。

母なる海は全ての生命の源であり、私達が目指す健康な社会も海が大きなカギを握っていると考えております。

海の成分が農作物の成長を助け、食品の腐敗を防ぎ、人間の細胞を活性化させ免疫力を高めるのです。

海水が持つ奇跡の能力により、現代社会が陥っていたケミカル依存の生活から脱出し、皆が安心の衣食住を取り戻し、健康で長生きの世の中を実現することが私達のミッションと考えております。

私達だけの力では今の現状を変えることは難しいですが、誰かが疑問を持ち、立ち上がり声を出す。

また誰かが賛同して小さな和が出来る。

そんな小さな和が日本中に広がれば、いつしか巨大な渦となり、現状を変化させ、未来は明るくなると信じています。

いつしか理想の未来は、私の決意に変わりました。

一人の力ではとても非力ですが、応援していただける皆さんと共に、「今を変える、未来を変える」を合言葉に

スタッフ一同決意を持って、この仕事をこの会社を発展させたいと考えております。

株式会社テン・エンタープライズ
代表取締役 山口卓久